映像制作ビジネスの肝となるものは

映像制作ビジネスの肝となるのが、実はマーケティングなのです。

つまりは、売れるものかどうか、需要があるかどうかの判断こそ、重要であるわけです。
人から依頼を請けて仕事をするとしても、そもそもその仕事の内容、提供しているサービスにどれだけ需要があるかによって、やったほうがよいこととそうでない場合があるのです。

Yahoo!知恵袋の詳細についてはこちらです。

例えば、古いテープから新しい記録媒体などに移し変える事業があります。

これも立派な映像制作ビジネスであるといえるのですが、これは一時期はそれなりに需要があったのですが、今では完全に頭打ちの仕事です。



何しろ、古いテープに限りがあるものですから、仕事の量は毎年減っていくわけです。継続的に安定した経営をしようとするのであれば、これはメインにできる仕事ではないのです。

もちろん、ビジネスの中の一つとしてやるのはよいですが、他にある仕事のキャパシティを削ってまでやることではないのです。映像制作で今後、期待できる部門はやはりインターネットであり、WEB関係の映像を制作できる能力がある企業が生き残ります。


テレビ、映画などよりもよっぽど拡大できる余地があります。

ですから、これからはインターネットの市場をしっかりとマーケティングをして、必要とされる映像の制作の技術を学んでおくことです。

ハイクオリティなのも重要ではあるのですが、問題はネット環境にあっているかであり必ずも高画質が臨まれているわけではないのです。

期待できるナレーションをしたいと言う願いにお答えするサイトです。